パートナー

近藤玄純

日蓮宗妙性寺(山梨)住職。一般社団法人SOCIAL TEMPLE代表理事。

山本海史

高野山真言宗僧侶。岐阜県 高山善光寺僧侶。

金澤真勝

真言宗醍醐派僧侶。大日山神崎寺住職。二七山不動院院主。

横山瑞法

日蓮宗僧侶。南アルプス市  法源寺、林應寺 住職。
 
 

西山 十海

臨済宗僧侶。和歌山県 臨済宗 大泰寺住職。
 

小松 祐嗣

日蓮宗僧侶。山梨県身延町 武井坊住職。
 
 

渡辺 光順

浄土宗僧侶。山梨県 功徳院住職。
 

渋谷 智海

高野山真言宗僧侶。北海道 旭山寺僧侶。

Official Ambassader

 
 
 
 
 
 
 

KIMIKO

ポスチャースタイリスト®
一般社団法人 POSTURE WALKING協会 代表理事

 

1961年岡山生まれ 株式会社THE POSTURE代表取締役、一般社団法人 POSTURE WALKING協会 代表理事、北翔大学大学院生涯スポーツ学研究科学生
産後の体型の崩れを克服しようとウォーキングを工夫した結果、姿勢改善、ヒップアップと下半身ヤセ、筋肉量と骨密度のあがる「ポスチャーウォーキング」を完成。商標登録。メンタルケアにも効果がありこれまでの多くの感謝の声が寄せられている。企業研修、一般向けレッスン、講演、イベント、商品開発も行っている。学校の教科書に入れる夢を持ち、それには科学的な証明がもっと必要と自ら2019年大学院生となり、現在勉学と研究に励んでいる。「ポスチャー/posture」とは英語で「姿勢」という意味。「人生は姿勢でキマル」を座右の銘に、歩みを止めない59歳。

 
メッセージ:「私は古いものが好きです。骨董品や、古民家、アンティークの洋食器などの「モノ」と哲学や、教えなどの「コト」の両方です。古いものには教えや美が詰まっていると思います。クラウドホテルお寺ステイはお家にいながら写経ができ、しかもそれをガイドしてくださる住職がいるなんてとても嬉しい。やはり一人では集中力も続かないと思います。また京都や鎌倉に行きたいなあと思っていた矢先、こんな素敵なコンセプトのホテルができて、嬉しいです。本物を自宅で体験し、そして自分の生活の中に取りいれて、豊かな時間を過ごしてください。新しい時代を生き抜くための古い教えをたっぷりと。」
 
POSTURE WALKING公式ホームページ

 
 
 
 
 
 
 

尾林 誉史

VISION PARTNER グループ 代
VISION PARTNER メンタルクリニック四谷 院長

 

東京大学理学部化学科卒業後、(株)リクルートに入社。退職後、弘前大学医学部医学科に学士編入し、東京都立松沢病院にて臨床初期研修修了後、東京大学医学部附属病院精神神経科に所属。
現在、13社の企業にて産業医およびカウンセリング業務を務める他、メディアでも精力的に発信を行なっている。

 
メッセージ:「ゆったりとした時間、穏やかな心地。そんなものの片鱗を、一人でも多くの方にお伝えできればと思い、私も日々の臨床に向き合っています。CLOUD HOTELはそれを、生きるということに真摯に寄り添う住職の方が、平易な言葉で奥深く、心に染み入る言葉で、我々の生活リズムを見守るように、より多くの方々に届けてくださいます。この忙しい現代と予期せぬ環境変化の中、自宅にて、リアルタイムに、住職の方から智慧が得られることは、大袈裟ではなく、画期的なことです。良質な心のメンテナンスを、気軽に気楽に。CLOUD HOTELにぜひ、お越しください。」
 
メンタルクリニック四谷公式ホームページ
 

 Mindreflection Artist

 
 
 
 
 
 
 

映水(えいすい)

1972年 岐阜県生まれ。2017年東久邇宮文化褒賞受賞。2018年山梨大使就任。女子美術大学を中退後、ニューヨークへ単身留学。Art Students League of NYにてファインアートを学ぶ。2016年日本一小さな町早川町にアトリエを求めて移住。絵師として宗派を超えたお寺やホテルなどの天井画や壁画などを納める。東久邇宮文化褒賞受賞を機に、日本全国のお寺で写仏会を開催するようになる。アーティストとしてお釈迦様の言葉を隠語にした絵画作品を手がけ、国内のみならず、海外でも展覧会や写仏(マインドリフレクション)のワークショップを開催している。
2017年 東久邇宮文化褒賞 受賞
2018年 山梨大使 就任
2019年 大木記念美術家助成基金 受託

 

【賞歴】
2018年        
・ACTアート大賞 入選
・DISCOVER THE ONE JAPANESE ART 2018 in Paris人気アーティスト賞
2019年
・銀座・京橋 サムホール公募展2019 入選
・JARDIN展グランプリ受賞
2020年
・第25回日本の美術 全国選抜作家展グランプリ受賞

 

【個展】
2017年
・映水展『自灯明』(宮光園/山梨)
2018年
・映水展(久遠寺/山梨)  
2020年
・映水展(フラートンシンガポール/シンガポール)他、多数
 
【グループ展】
2018年
・アニメニア2018『雅 in アブダビ』
2019年
・アートショッピング2019 in Paris
・藝展(清水寺/京都) 
2020年
・ワールドアートドバイ2020  他、多数

 

【職歴】
・光岳寺 (曹洞宗・山梨・市川三郷町)
・善国寺(日蓮宗・山梨・富士川町)
・功徳院 (浄土宗・山梨・甲斐市)
・敬慎院(日蓮宗・山梨・身延) 他、多数
 

メッセージ:私は北岳の麓にある、人口1000人ほどの限界集落と呼ばれる過疎地に住んでいます。大自然がパノラマに広がる我が家からは、無常なる四季の移り変わりを感じない日はありません。その光景からは、ニューヨークや東京などの大都会に住んでいた時には感じることができなかった、逞しい命の連鎖を感じます。ここでの暮らしは私を謙虚にさせ、お釈迦様の言葉を深く考察させて作品にする原動力になっています。マインドリフレクションは、写仏の技術を極めながら、自分を観察してよく知る目を養い、自分で心を調えるスキルを学ぶ、しなやかに生きるための自己修養法です。目線、姿勢、呼吸の全てが揃い、筆の命毛に意識が集中した線を描けた時、驚くほど迷いの無い、美しい線を引くことができるでしょう!ぜひ、毎日の暮らしのルーテインの一つに、仏の言葉をなぞるマインドリフレクションを取り入れて、穏やかに自分らしく生きる観察力を養ってください。
 
 eisui公式ホームページ
 
 現代写仏・マインドリフレクションのはじまり
 
 マインドリフレクションで学べること

ご予約